格安バーチャルオフィスを探せ!どこが安い!?

TOP > 格安バーチャルオフィス情報 > 関西方面では名古屋と大阪どっちが相場が安い!?バーチャルオフィスの比較

関西方面では名古屋と大阪どっちが相場が安い!?バーチャルオフィスの比較

新規事業を立ち上げる時にかかる費用は、相当なものとなり、簡単に起業することに立ちふさがっていると言われています。
その大きな原因になっているのが、会社を設立するための住所になります。都心のような便利な場所で、事務所を借りるとなると相当な経費負担が必要になってしまいす。そのため、若者などが良いアイディアを持ったとしても、なかなか活かすことが難しい時代にもなっています。
資本金が少なくても開業出来る仕事に限られることが多くなり、職種に偏りも出て来て来る可能性も多くなっています。そこで今、起業をする若者が利用すると言われるのが、レンタルオフィスであり、バーチャルオフィスです。
どちらも、経費負担を少なくすることで、良い場所での起業が可能となっています。

バーチャルオフィスとは、起業家自身が事務所を実際に構える必要がなく、起業家自身が行なうビジネスに対し、そのサービスを受けることが出来るものになります。
起業家にとって、初めてとなる法人登記や、営業支援のためのツールなどを提供してくれることもあり、事務所として必要最低限なものが、提供されることになり、住所や電話番号などが、用意されます。
また必要によっては、机であり、パソコンであり、会議室なども用意されますが、費用は用意するものが多くなるたびに上がると知っておきましょう。
この時、住所などは東京、大阪、名古屋と言った大きな都市においても一等地に登録出来ることにもなります。副業を認められる時代になりつつあることからも、自宅の住所を明かしたくないと考える人にも最適な方法と言えます。

これらシステムにおいて、レンタルでオフィスのスペースを提供しているものもあり、これらのサービスに対しては、レンタルオフィスと呼ぶことが多くなっています。このバーチャルオフィスを置く場合の費用としては、月額数千円から数万円と言った価格で提供を受けることが出来る時代です。
大阪・名古屋等で相場比較しても、大きな違いは見られない傾向にあります。金額が安くなる分サービスの低下が見られることになっており、起業家が望むものと合致した時の金額は、高くなる傾向にもあります。ですが、事業を新しく始めたいと考える人や、起業を準備中と言う人にとっては、望ましいものと言えるのでしょう。
バーチャルオフィスとレンタルオフィスは似ていることに違いありませんが、どちらもオフィス開設前には、自分自身の目で確かめることを忘れないようにしましょう。

次の記事へ