格安バーチャルオフィスを探せ!どこが安い!?

TOP > 格安バーチャルオフィス情報 > 格安バーチャルオフィスが集まるのは東京?大阪?

格安バーチャルオフィスが集まるのは東京?大阪?

バーチャルオフィスとは、サービス提供会社から住所や電話番号などを借りて行うオフィス形態を言います。
メリットとしては、公開したくない住所を伏せたままでビジネスをはじめられることや一般的には賃料が高い一等地の住所を使用できるなどにあります。同様のサービスにレンタルオフィスなどがありますが、こちらは実際にその住所に出向き作業場として使用できる点で、バーチャルオフィスとは大きく異なります。
またバーチャルオフィスでは実際に借りた住所で作業することはないので、電話や郵便物が届いた時に転送や対応をオプションサービスとして依頼することもできます。格安バーチャルオフィスの数は、大阪と比較して東京方が見つかりやすいのも地域性とサービス特性が大きく影響しています。
また東京で見つけることが出来るバーチャルオフィスが、月額数百円なのに対して、大阪では格安バーチャルオフィスというよりもレンタルオフィスよりのサービス展開している業者が目立ちます。
隣接して打ち合わせスペースを設けたり、フリースペースを利用できるなど、レンタルオフィスのメリットを上手く取り入れたバーチャルオフィスが東京エリアに比べて多いようです。
またバーチャルオフィスの使い方として、例えば本社は全く別のところにあり、新しく支店として住所などが必要な時に低コストで開設できるメリットがあります。
レンタルオフィスと比べて、住所こそはそこにありますが、職種によっては許認可が出ないことや銀行の法人口座を開設す時には厳しい面もあり、何をどこまでどんな風に行う予定なのかも変わってきます。

東京エリアで低価格のバーチャルオフィスを探しているなら、バーチャルオフィス JPなどいかがでしょうか。住所を借りることができるサービスで、オフィスは品川区にあります。
気になる料金は年一括支払いとはなりますが初期費用が5250円で年額5760円とリーズナブルです。月額あたりの使用料は480円で、電話サービスや郵便サービスなどを必要に応じてオプションで追加することになります。

大阪エリアでは大阪市此花区にあるレンテン・イマジネーションなどいかがでしょうか。ライトサポートプランであれば、登録料として1500円が、オフィス代金として500円が必要です。また郵便物転送サービスが月額500円も必要です。
しかし契約期間が3カ月限定なので、実質的には3カ月のレンタルオフィス代金が4500円ということになります。またスタンダードプランもあって、登録料が5000円、月額1000円で半年や一年単位で契約することも可能です。