障子や網戸、襖の張替えや補修は、プロに依頼すればきれいに張替えをしてもらえて長持ちします。仕上がりの美しさは業者に依頼するのが一番ですが、その分の費用はかなり掛かりますので覚悟が必要になります。一方、費用面で考えるとDIYで張替えをすると案外簡単なうえ、手ごろな値段の材料費だけで済みますので、家計面でかなりの節約につながります。襖の張替えをプロにお願いすると、建具の傷み具合にもよりますが、平均的に1万円から3万円くらいかかります。DIYで襖の張替えを行う際の材料費はインターネットでも簡単に検索できますが、おしゃれな和紙タイプのシンプルな襖紙でも500円から900円くらいで手に入れることができます。しかも一般的な襖の寸法にカットされていますのでそのまま張ることができます。

襖の張替え用のDIYグッズは簡単に揃えられる

襖のDIYグッズはホームセンターやインターネットショッピングサイトで簡単に揃えることができます。襖紙の種類も昔ながらのオーソドックスなものから、最近のモダンな柄まで豊富にそろっています。和風なものから洋風なものまで幅広いジャンルで、選ぶのが楽しくなってきます。消臭効果が備わっている和紙など、機能性に優れたタイプの襖紙を選ぶこともできます。裏に糊があらかじめついているタイプのものとついていないタイプのものがありますので、購入前に確認する必要があります。糊を別途買う場合も、襖紙を扱っている店なら必ずあり、プロ仕様の襖・障子糊は1キロ700円ほどで購入することができます。糊を塗るための刷毛は1500円くらいから2500円くらいのラインナップでそろっています。有名動画サイトでは職人による襖や障子の張替え動画などもあります。

1回DIYするだけでもかなり低料金、毎回DIYならもっとお得

先ほど述べた襖の張替えDIYに必要なグッズは何度も使うことをイメージして、ホームセンターやインターネットサイトの耐久性の良いものの値段を紹介しましたが、もちろん100円ショップで刷毛や糊も購入可能です。耐久性や糊の持続性など、疑問点は残りますが、とりあえず引っ越し前にアパートの襖をきれいに、しかもお金をかけずに直す必要がある、などの需要でしたら、最低限のグッズでDIYも可能です。襖紙は一番ベーシックなこだわりのないものでしたら、40円くらいからあります。襖扉の両方合わせて80円、100円ショップの糊と刷毛で200円、280円の出費で最低限の張替えをすることができます。ご自宅でしたら張替えの際にお部屋の雰囲気に合わせて襖の色や模様をがらりと変えてみてDIYでプチリフォームを楽しんでみてはいかがでしょうか。